慶應通信! r.saitoの研究室

慶應義塾大学通信教育課程のブログです。皆さんの卒業を応援します。

はてなブログに移行しました。

はてなダイアリーから、はてなブログへと移行しました。

これまでの記事・コメント等は残しております。

今後とも、よろしくおねがいいたします。

(追記)

先日の大阪慶友会の親睦会ではお世話になりました。

お誘いいただき、ありがとうございました。

質疑応答について

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 慶應通信志望者の皆様におかれましては、そろそろ準備の時期であると思います。書評・志望動機を頑張って考えてください。また、学生の皆様におかれましては、科目試験お疲れ様でした。今はとりあえずゆっくりと休んでください。
 そして今更になってしまって申し訳ありません。質疑応答に対してお答えしたいと思います。
 先日(というか、先月)頂いた質問は、「卒論の書き方の解説で、『一般のレポート課題でも適応できる』と言われてましたが、それはどういうことでしょうか?」というものでした。なお、ここでは先月私が申したことについては省略させていただきます。
 さてその回答ですが、レポートの課題のなかには具体的でなく抽象的な問いが設定されているものがあります。たとえば、総合科目の社会学について。これはギデンズ『社会学』にある「考察を深める問い」に答えよというものですが、その中から一つ「超国籍企業は、実際に政府よりも力があるのだろうか」(p.85)という問いを選ぶとします。
 ここでの答え方について、「ある(もしくは、ない)」とそのまま自分の考えを述べるよりも、「この問いに対してAは「ある」という立場だが、その一方でBは「ない」との意見を持っている。その二つの意見のうち、私は前者であるAを擁護し、なぜその立場をとるのかということと、そしてBの意見について賛同しかねる理由を答えたい」といったような形で、問いをより答えやすい形に変えてから答えるようにすれば、レポートのスピードが上がることと思います。

ありがとうございました

講演会を聞いてくださった皆様、ありがとうございました。
疑問や感想等あれば、左のバナーからメールを送ってくだされば、それに対して返信いたします。
また、終了後質問をいただいたので、それに対する答えを、また後日掲載します。

卒論の書き方についての講演をします

ご無沙汰しております、斎藤です。
さて、12月17日、大阪慶友会の定例会で卒論の書き方についての講演をします。
卒論に不安のある方は、ぜひご参加ください!
慶友会に来られたことのない方も、歓迎します。

入学が難化した件について

 ご無沙汰しております。びっくりしたことがありまして、記事を書いています。
 びっくりしたというのは、慶應通信の志望動機・自己PRの合格の基準が少しだけ上がってしまっているということです。昨年ならば合格・不合格の境目にいて、おまけで合格になっていたような人が、今年は確実に不合格になっています。
 今回はたくさんの不合格者が出ていると思われ、数人の方から連絡をいただいています。入学志望者より不合格者からの連絡が多いのは初めてです。


 ところで、書評の文献選びについて。
 『7つの習慣』とか『断捨離』とかについて合格の書評を書くのは難しいと思います。背伸びせずに自分でも読める本を選ぶことは正しいですが、学問とあまり関係のない本を選ぶのはやめましょう。ダメ!絶対!