慶應通信! r.saitoの研究室

慶應義塾大学通信教育課程のブログです。皆さんの卒業を応援します。

TOEICの学習を振り返って(経験談編)

 こんにちは、斎藤です。

 9月のTOEICを申し込もうとしたところ、どの会場もすでにいっぱいで申し込むことはできませんでした。ニュースで知ったことなんですが、飛行機を使ってまでもTOEICを受けようとする人がたくさんいたようです。びっくりです。

 さて私は、昨年の1月から今年の1月にかけてTOEICの勉強をしていました。今から十数年前の学生時代の最高点は720点、そして今年1月の結果は815点です。800点を取ることが学生時代の念願であったので、とても嬉しく思っています。

 で、ここでTOEICの学習を振り返って、経験談を申したいと思います。

①成績は簡単に上がるものではない

 学生時代から痛感していたことなんですが、成績は簡単に上がるものではありません。特に英語・国語・数学系のように積み上げが大切な科目は上がりません。実のところ、昨年の12月まで、私は自分の学生時代の点数を越えることができていませんでした。私の点数の推移はこうです。

 680(2019年5月)→600(7月)→680(9月)→710(10月)→700(12月)→815(2020年1月)

 実のところ、成績はある日急に伸びるものであることも過去の経験からわかっていましたが、ここまで極端な形になるとは思っていませんでした。

 成績が伸びることを実感するためには忍耐が必要です。

②仕事をしながらの勉強は難しい

 やはり、仕事をしながらの勉強は難しいです。1日あたり勉強できる時間が少なくなるわけですから、成績が伸びない期間が長くなると嫌になってきます。

 おおよそ私は1年1ヶ月で250時間を英語に費やしました。自分なりになるべく時間を見つけて勉強をしたと思っています。しかし、特にアルバイトなどをしていない学生にとっては1ヶ月で250時間をとることは余裕です。

 社会人になって勉強することは、ほぼ苦行だと実感しました。

③若い方たちに抜かれていく

 勉強のモチベーションを高めるためにtwitterなどのSNSのアカウントを作り、自分と同じ目標を持つ人たちを励みに頑張っていたのですが、若い学生の方たちに次々と抜かれていくので悔しい思いをしました。仕方のないことなんですけども。

 中には「TOEICで730を取らないと留年してしまう…」という方がいらっしゃいまして、「だから頑張っているのか…」と勉強する人には勉強するなりの理由があるのだなと痛感しました。だから飛行機を使ってまで試験を受ける人がいるのか…。

 

 …ざっとこんな感じです。次は私が使用したテキストを紹介したいと思います。

 

お疲れ様です

 4月に続き、7月も科目試験はなく、代替レポートのようですね。今が正念場だと思いますので、頑張ってください。さて、4月からですけれども、何かとバタバタしておりまして、質問に対する回答の続きが書けていませんでした。しばらくしたら書きます。

 今はそれほど質問はいただいてはいないのですが、3ヶ月前はたくさんの質問をいただき驚きました。芸能人の入学(実は結構いる)とこのコロナ禍で、10年前と比較して多くの方が通信制大学に関心を持つようになったことを感じています。

 また、私自身についてですが、それなりに語れるコンテンツを持ったことを実感しており、役に立てている(かどうかはわかりませんが)嬉しく思っています。

 大変ですが、ともに頑張っていきましょう。

質問への回答(1)

 こんにちは、斎藤です。

 これから何回か、慶應通信について私のところに寄せられた質問について回答したいと思います。今、8件ほどの質問をいただいております。しかし、質問内容はほぼ共通しているので、3点ほどに分けて回答したいと思います。

 まず1点目は「不本意な大学に進学したが、将来が不安で仕方がない。大学に通えず、遠隔授業を聞いても全く頭に入ってこない。中退して通信制の大学に入学したほうが良いのではないかと思うようになった。慶應通信はどのようなものなのか?」というものです。

 約8件のうちほとんど全部がこういった質問です。正直、私を含め誰もがコロナでこのような年になるとは思ってはいなかったでしょう。サークルや友達作りなど大学生が楽しみにしていることのほとんど全てがなくなってしまいましたからね。で、与えられたのが全く訳のわからない授業…というので私は同情します。特に理系は。

 大学の授業は、ほとんどが訳のわからないものです。初めて遠隔授業に挑む先生の指導スキルがそんなに高くないかもしれないし、一方で学生の現段階での学習スキルもそんなに高くない。今の段階で本なんて読んでも理解できるわけないし、レポートなんて書ける気がしないのは当然だと思います。

 こういう状況下において、不本意合格の大学を退学して慶應通信への秋入学を目指すかどうかについて、私の回答は下記の通りです。

①今の大学を中退し、秋入学を目指す

 ただし、これはMARCH・学習院の学生に対してです。学力が日東駒専以下の学生に対しては、どちらかというと法政・中央・日本大学をおすすめします。中央・日大は忘れましたが、法政は卒論が必須ではありませんので、卒論が必須の慶應通信と比較して卒業は格段に楽です。

②とりあえず2年待ってみる

 夏が過ぎる頃にはコロナはあけていると思います。大学にどのようなサークルがあるか、どのような先生や同級生がいるか知ってから判断しても遅くないと思います。2年経てば他の大学への編入という選択肢ができますし、慶應通信にも特別課程として入学することができます。

 正直のところ②の方が堅実ですが、①の方があっている子がわりといますので、とりあえずこの順で答えさせていただきました。

 慶應通信は英語が肩透かしを食うほど簡単なのですが、レポートは簡単ではありません。正直、通信で学力を身につけさせるというよりも、学力の高い子に対して格安で学歴を与える機関だと思っています。でも勢いのある不本意合格の方なら、乗り越えてこれると思います。

 今年はブログを見てくださっているかたが多いように思います。更新はしていませんが、極端に減ってはいないと思います。ロンドンブーツの田村淳さんが入学されたことで認知度が一気に高まったことが原因でしょうか(今は中退されていますが…)。あのとき、このブログのpvが激増してびっくりしました。

りっこ28さんの入学論文を考える(書評編)

 こんにちは。今回は前回に引き続き、りっこ28さんの入学論文について考えてみたいと思います。今回は書評についてです。どのような内容をお書きになったのかは、彼女のYouTubeチャンネルを見てください。なお、ここでは文章の全体を「書評」、「概要を簡単にまとめた」部分を「要約」、「自分の視点から詳しく論評」したものを「論評」とします。

 りっこ28さんの致命的なミスは論評ができていないことです。りっこ28さんの書評において、そのほとんどが要約、つまりは本の内容です。論評は、最後のちょっとだけしか書かれていません。それも論評というよりむしろ「感想」です。慶應通信の書評の720字のうち、半分強を要約、半分弱を論評にあてると良いと私は思っています。もっと論評に文字数を割きたいところです。

 書評について、どのように書いていけばいいのかざっくり説明すると、下記の2点です。

1.まず要約の部分について、本の中から①激しく同意、②激しく反発、③納得いかない、④目から鱗、に感じた箇所を抜き取って360字程度に収める。(書評)

 ※この①〜④は『論文の教科書』(NHKブックス)からの引用です。

2.上記の①〜④について、それがどのようなものかを360字程度で説明する。(論評)

 これが確実にできていれば、書評は合格です。

 『父が娘に語る経済の話』では、戦争下において捕虜たちは赤十字から送られてきた物資を通貨の代わりに使用しており、戦争が終わることがわかった時点でそのシステムは意味をなさなくなり、崩壊するということが書かれています。

 ※私は読んでいませんので、以下は書評から推測して書きます。

 これは捕虜だけではなく、刑務所の中でも似たやりとりがされていると聞きます。経済的な行為は現在では貨幣を介して行なっており、それが我々にとって当たり前になっています。しかし太古の昔では、経済的な活動といえば物々交換です。そして、戦争や刑務所など特殊な環境下においては、捕虜や受刑者は昔の人たちと同様に物々交換を行っており、経済というのは貨幣と財(モノやサービス)のやりとりだけではなく、財と財とのやりとりも含んでいるんだよ、とこの本に書かれているんだと思います。

 正直のところ、このことは私にとっても④目から鱗なことでした。考えてみれば、現在の経済活動って、めちゃくちゃ複雑になっています。りっこ28さんのチャンネルには25,000人を超える登録者がいますが、私の推測では月に10万程度の収入があるのではないかと思っています。YouTubeに動画を乗せることで収入が得られるというのは、多くの人が10年前は考えていなかったことだと思います。YouTuberとして一番有名なヒカキンさんは何億も稼いでいるようです。

 この他にも、10年前の人たちには想像のつかない方法でお金を稼いでいる人たちはたくさんいます。(私は詳しくないのですが)ビットコインやFXで億万長者になった人がいたりします。この他にもいろいろあると思うんですが、またさらに10年後には今からは想像のつかない方法でお金を稼いでいる人たちがいると思うんです。

 今後生活していくためには、これまでになかった経済活動の方法を模索したり、新たな経済活動がどのようなものであるかをいち早く察知して行動していかなければならなくなるでしょう。こういったことが書けていれば、合格がもらえたのかもしれません。

 

りっこ28さんの入学論文を考える(志望動機編)

 ご無沙汰しております、斎藤です。今日は久々にブログを書いてみようと思いました。内容は、りっこ28さんの入学論文についてです。残念ながら不合格とのことでしたが、私は志望動機・書評ともにそこそこよく書けていているように思いました。書評で選んだ本も悪い本ではないと思います。

 しかし、具体性がなかったことがこの敗因だと思っています。志望動機については①過去の学習経験、②将来の展望共にです。今日はこのことについて書きたいと思います。

 まず、①過去の学習経験についてですが、YouTubeで取り沙汰されている経済格差や貧富の差がどのようなものであるのか、ということを明確にする必要があったと思います。他に、尊敬しているYouTuberである「妙佛DEEP」や「もふもふ不動産」のチャンネルで伝えられている内容(経済格差や貧富、経済活動)について具体的に書く必要があったでしょう。

 ※「妙佛DEEP」と「もふもふ不動産」を見てみたのですが、内容的にここで名前を上げるべきではないと思うなぁ…。今日初めて知ったサイトですが、特にこれらでは経済格差や貧富の差についてはふれてはいないように思うし。ほとんど見てないので何とも言えないのですが。

 あと、YouTubeを見て思ったことを過去の学習経験にするのは非常に難しいことだと思います。教科書や参考書、週刊誌(例えばNewsWeekなど)を読んで学んだことを書くべきでしょう。もしそれが書けないのであれば、YouTubeを今まで続けてきて、視聴者数や収益を伸ばすためにどのような工夫をし学んだか、というのを書けばよかったと思います。りっこ28さんのチャンネルには約25,000人の登録者がいます。これって凄いことですよ?どのようにしてここまで伸ばしたのか、知りたい人は多いはずです。

 次に②将来の展望についてですが、これも具体性を欠いています。「型通りでないオリジナリティーのある」経済活動とは一体どういったものでしょうか。例えば、りっこ28さんは通信制高校の出身とのことですが、通信制高校は全日制の高校と比べて不利なところがたくさんあると思うんです。例えば大学受験や社会活動についての情報かなぁと思うのですが、通信制高校の生徒さんは受験や活動に対するモチベーションが比較的低いと思うんです。で、将来の展望として、「通信制高校の生徒が大学受験についてもっと身近に感じられる仕組みを作りたい」とか、「学外のいろんな活動を伝え、参加を促したい」とかあると思うんです。あと、YouTuberをされているんでしたら、「動画編集などYouTuberの活動を支援する事業をしたい」とか。いろいろ思いつくと思います。

 志望動機について私が思うことは以上です。次は書評について書きます。

TOEICの結果がでました

ご無沙汰しております、斎藤です。

1月29日にTOEICの結果が出まして、自己最高記録の815点でした。

SNSを見まわすと、もっと点数の取れている人がいて、815点なんてたいしたことないかもしれませんが、自分として非常に嬉しいです。次の試験は3月ですが、これを受けて、ひとまずTOEIC(リスニング・リーディング)は休学状態にしたいと思います。

正直のところ、この歳で英語をやり直せるとは思っていませんでした。働くようになってから、思うように時間が取れなかったので。なので、今の環境に非常に感謝しています。

 

飲み会を行いました

 一週間前のことなんですが、休みをいただき、東京に行きました。飲み会に参加してくださった皆様、ありがとうございました。とても楽しく、貴重な時間でした。また、今年の5月にも田町で飲み会を開いたのですが、それに参加してくださった方々にも感謝いたします。

 また来年の5月のゴールデンウィークに田町のあたりで飲み会を計画したいと思っておりますので、もし開催できましたら、ご参加のほどよろしくお願いいたします。